地理A シラバス
科目名 単位数 学年 学期 必修・選択 対象学科
地理A 2単位 3年 必修 全学科

 
 
1.概要および目標
 世界の自然環境や諸産業、人びとの生活や文化などを、いくつかの地域をとりあげて学習する。さまざまな国の現状学習することによって国際的な理解を深めていく。かけがえのない地球に生きる地球人としての生き方につなげることである。
2.成績評価
  (1)定期テスト
     学期毎に小テスト・期末テストを実施する。
(2)小テスト
     授業の中で、各編の終わりにある各地域に属する国ぐにの小テストを実施する。
  (3)提出物
    @各編の終わりにある各地域に属する国ぐに・首都を白地図に書き込み学習のプリン     トを提出させる。
    A白地図ノートを使い、作業をさせる。
  (4)授 業 
     授業の出欠状況・授業態度等を評価する。

定期テスト  70%
 

小テスト   10%
 

授業・提出物  20%
 
3.使用教科書・教材
   教科書 :二宮書店 「高校生の新地理A」
地図帳 :二宮書店 「高等地図帳」
4.授業の展開と形態
   全クラスごとに一斉授業
5.学習方法
  (1)授業は進度表に従って行い、課題や小テストを実施して学習内容の徹底をはか     る。
  (2)時事問題・話題のニュースなどについて作文・小論文の指導を取り入れる。
   (3)地図学習を多く取り入れる。
6.その他
   成績評価は定期テストを重視するが、授業の出欠状況・授業態度・提出物の状況が   よくない生徒については、厳重に対応する。    
 
 
 
 
 
         地理A  学 習 計 画


課題・目標(大単元)

学習内容・要点など

配当

実習・評価等


























1o


11


12

1


2



3



































 

序章 地理学習を始めよう

   国名を覚えよう

第T章現代世界の特色
第1節 球面上の世界と地    域構成

第2節 結びつく現代世界




第3節多様性を増す人間行 動と現代世界

第4節身近な地域の国際化 の進展
   

第U章地域からみた現代社 会の課題 
第1節生活・文化と環境








第2節近隣諸国の生活と文 化と日本




第3節諸地域からみた地球 的規模



 






  


























 

国際的な理解を深め、かけがえのない地球に生きる地球人としての自覚
白地図で国名の学習をする

1地球上での生活
2地球規模からみた世界
3日本の位置と領域

1情報通信の発達
2交通の発達による交流する世界
3世界の貿易
4国家間の結合

1経済発展と消費・余暇活動
2人間活動を知る身近な情報

1身近にみられる国際化
2国際化を課題にした身近な地域調査
3日本と世界の交流



1人びとをとりまく地形
2人びとをとりまく気候
3世界の民族と文化
4アメリカの生活・文化と環境
5西アジア・北アフリカの生活・文化と 環境
6EUの生活・文化と環境
7オーストラリアの生活・文化と環境

1近隣諸国の学習
2韓国の生活・文化と日本
3中国の生活・文化と日本 
4ロシアの生活・文化と日本

1地球的課題の出現と地域性
2人口問題
3居住・都市問題
4食料問題
5資源・エネルギー問題
6環境問題
7相互に関連する地球的課題

































 













































































 



国名の暗記



地図作業













白地図の作業



ビデオ学習と
視聴ノート











白地図の作業