理科総合B シラバス

科 目 名

単位数

学年

学期

必修・選択

対象学科

理科総合B

必修

定時制課程

 

1 概要および学習の目標

 (1)自然の事象・事物について,科学的な理解を深め,自然の見方・探究の仕方を養う。

 (2)生物を取り巻く地球環境について,地球に生物が生存する条件を学習し,地球にみられる多様な景観は,地球内部

エネルギーと太陽放射エネルギーの相互作用によって変化しつつ平衡に保たれている動的平衡の概念を身につける。

 (3)地球に生命が誕生してから現在の生物界までの変遷の過程と地球環境の変化を学習し,生物の 多様性と共通性,

生態系の変化と平衡について理解を深める。

 (4)様々な地球環境問題の事例を取り上げ,現状と解決への取り組みについて考察し,問題解決能力を養う。

 

2 成績評価

   定期テスト,ワークシート,課題プリント,レポート,課題研究などの提出物および授業への意欲等を総合的に

判断し,評価する。

 

3 使用教科書・教材

 教科書:東京書籍「新編理科総合B

 教材:ワークシート,課題プリント

 

4 授業の展開と形態

   HR単位の一斉授業

 

5 学習方法

 (1)生命誕生から現在までの変遷の過程を,地球環境の変化と関連付けながら学習する。

 (2)実験・観察や視聴覚教材を多く取り入れ,具体的に生物の多様性と共通性,生態系の変化と平衡を学習する。

 (3)地球環境問題の事例を取り上げ,現状と解決への取り組みについて,生徒が自主的に考察できるように学習教材

を工夫する。

 

6 その他

 自然界のさまざまな事物・現象について,漫然と見るのではなく,目的・問題解決意識をもって見ることができる

よう指導する

 探求活動を行う際は具体的な目標や各時間ごとの取り組み内容などを自主的に計画するように指導する。

 

 

 



 

単 元
 

学習内容・目標
 

備 考
 

































 

4







5





6




7





9





 

第1編 自然の探求
1
.身のまわりの土を調べよう
2
.探求しよう

3.結果をまとめて発表しよう
4
.報告書をまとめよう

第2編 地球という星
1
.太陽系と地球
2
.惑星の性質
3
.太陽系の形成
4
.奇跡の水惑星 地球
5
.多重バリアに守られた地球

第3編 生物の変遷
1
.海で始まった生命の歴史
2
.海から陸へ
3
.現在の生物へ



第4編 遺伝の規則性
1
DNAが遺伝子だ

2.遺伝のきまり


 


 土を調べ,共通性や多様性を知り,地球の成り立ちや自然を理解する。
 観察の方法やテーマを考え,仮説をたて,実験を計画し問題を解決する。
 データの集計,処理の仕方を学ぶ。データを読み取る能力を養う。
 論理的でわかりやすい表記など,報告書のまとめ方を学ぶ。

 太陽系の惑星は,その共通性から,地球型惑星と木星型惑星に分けられることを理解する。
 太陽系を構成する惑星や衛星に興味をもち,地球にだけ生物が生存する理由を科学的に学ぶ。




 原始地球の状態やその後の環境変化から,生命が誕生するにいたった過程を推察する。
 原始海洋が形成された過程や,生命誕生の条件が整いつつあったことを理解する。




 遺伝子の本体がDNAであることを帰納的に理解する。
 親と子の形質のつながりや伝わり方に関心をもち,その法則性を理解する。

 



ワークシート

レポート





ワークシート


課題プリント

(前期中間考査)


ワークシート







ワークシート
(
前期期末考査)



 

5









3
2
2
2
2



4

3
2




3

4


 

                                           

                                           

                                           

                                           

 





 


単 元
 


学習内容・目標
 


備 考
 






























 

10







11







12



1





3
 

第5編地球の変動と景観
1
.自然景観の多様性
2
.プレートの運動と大地形の形成

3.水の作用による地形の形成

第6編 大気と水の循環
1
.大気の運動と水の大循環
2
.日本付近の大気の動きと気象の変化

第7編 生物と環境
1
.生物の多様性


2.生態系

3.生物多様性の保全


第8編
課題研究


 


地球内部の構造,プレートとその動き,大山脈の形成,地質構造(断層,褶曲,整合,不整合),地震と火山活動,陸地の形成と大陸の移動について理解を深める。
河川や海岸の地形を調べ,水の働きを考える。



 熱平衡の概念を理解して,大気と水の循環が地球の熱収支に及ぼす影響を理解する。
 偏西風と日本の気象の関係について学ぶ。



 生物の多様性と共通性を知り,それぞれの生活環境にどのように適応しているかを探求的に理解する。
 生物を取り巻く環境や生態系の構成,生態系の物質循環について理解する。
 人間が環境や他の生物に与える影響を知り,生物多様性の保全の為に何ができるかを考える。
 
 興味・関心に応じて各班でテーマを設定し,計画的に実験や観察を行う。得られた結果から自分なりの考えをまとめ,発表する。

 


ワークシート
実 験
レポート





ワークシート

新聞の天気図



観 察
レポート
(後期中間考査)
ワークシート

課題プリント

(卒業考査)

課題研究


 


3
3


3



3

2



4

4


4



10