会 計 シラバス

科 目 名

単位数

学 年

学 期

必修・選択

対 象 学 科

会 計

3・4

選 択

商業科

 

1 概要および目標

   会計における基本的考え方や処理法を習得させ、企業の実態を反映する財務諸表についての

理解を深めるとともに、財務諸表から得られる情報を、ビジネスの諸活動に活用できる能力と

態度を育てる。

 

2 成績評価

  (1) 定期テスト

   各期ごとに中間考査・期末考査を実施する。

 

  (2) 小テスト

   授業の中で、章ごとの小テストを各章終了後に随時実施する。各章の理解度を把握・評価し、学習意欲の向上を図る。

  (3) 提出物

   授業の進度に応じ、自宅学習向けに課したものや、長期休業中の課題について提出させる。

  (4) 学習の状況

      授業への参加意欲、発問などの主体的な姿勢を評価する。

  (5) 検定取得

      取得目標を全商1級会計に設定し、全員受検をめざし目的意識を持たせる。

定期テスト

提出物

学習の状況

検定

60%

20%

10%

10%

 

3 使用教科書・教材

  (1) 教科書:実教出版「新会計 新訂版」

(2) 問題集:実教出版「最新段階式 簿記検定問題集 新訂版」全商1級会計

 

  授業の展開と形態

    3年と4年で習熟度別授業

 

5 学習方法

  (1) 年度初めに、「会計」を学習するにあったてのガイダンスを行う。

  (2) 授業は、進度表に従って行うが、理解度に応じて進度を変更し内容理解の徹底を図る。

  (3) 毎時間、次回の予告を行い、課題を与える。

 

 

 

会 計  学習計画

単   元

学  習  内  容

配当

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

7

 

第1編 会計の基礎

第1章 企業と会計

 

 

第2章 株式会社の会計の基礎

設立・開業・増資

 

 

第3章 株式会社の会計の基礎利益の処分と損失の処理

 

第4章 株式会社の会計の基礎

社債と税金

 

第5章 企業会計制度と会計法規

 

 

 

第2編 貸借対照表

第6章 貸借対照表のあらまし

 

 

 

第7章 資産の意味・分類・評価

 

第8章 流動資産

当座資産

 

 

第9章 流動資産

棚卸資産・その他の流動資産

 

 

 

10章 固定資産

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

11章 固定資産

無形固定資産

 

 

12章 固定資産

投資その他の資産

 

13章 繰延資産

・教科ガイダンス

・企業会計の意味と目的

・企業会計の発達の歴史とその概略

 

・株式会社の設立、開業時における取引の記帳方法

・増資したときの取引の記帳方法

 

・純利益または純損失が生じたときの記帳方法

 

 

・社債の発行・利払い・償還の記帳方法

・株式会社に課せられる税金の記帳方法

 

・会計制度の意味と会計諸則の必要性

・会計に関する法規の種類と内容

・企業会計原則の役割と内容,一般原則の内容

・財務諸表の種類

 

 

・貸借対照表の役割や区分,表示,様の概略

・貸借対照表の項目

@資産  A負債  B資本

 

・資産の意味・分類 

・資産評価の意味・基準

 

・当座資産の意味と種類

・現金・当座預金・受取手形・売掛金・有価証券の評価と記帳方法

 

・棚卸資産の意味と種類

・棚卸資産の払出価額と期末棚卸高の計算方法

・商品評価損・棚卸減耗費の意味とその処理法と,その記帳を習熟させる。

・売価還元原価法を理解させる。

・その他の流動資産の種類と記帳の方法

 

・有形固定資産の意味と種類

・取得原価の計算

・資本的支出と収益的支出の意味

・減価償却の意味を学び,計算方法

・有形固定資産の期末評価

・固定資産の除却と買い換えの記帳方法

 

・無形固定資産の意味と種類

・営業権の計算と記帳

・無形固定資産の期末評価

 

・投資その他の資産の意味と種類

・投資その他の資産の期末評価とその記帳方法

 

・繰延資産の意味と商法で認めている八つの種類を学習

・開発費・試験研究費・建設利息の処理方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12

14章 負債の意味と分類

 

15章 流動負債

 

 

16章 固定負債

 

 

 

17章 資本の意味と分類

 

18章 資本金

 

19章 資本剰余金

 

 

20章 利益剰余金

 

 

 

21章 貸借対照表の作成

 

 

 

第3編 損益計算書

22章 損益計算書のあらまし

 

23章 損益計算の意味と基準

 

24章 営業収益・営業費用

 

 

25章 営業外収益・営業外費用

・負債の意味と分類を学習し、分類基準

 

・流動負債の種類

・引当金について

 

・固定負債の意味を明らかにし,その記帳を学習

・減債基金の意味とその設定方法および記帳のしかた

・偶発債務の意味とその記帳法

・資本の意味と分類

 

・株式会社の資本金と増資・減資の処理方法

 

・資本剰余金の意味と分類

・資本準備金の種類と,その処理方法

 

・利益剰余金の意味と分類

・中間配当の処理方法

・棚卸法と誘導法を理解させる。

 

・貸借対照表作成上の原則や注記事項

・貸借対照表の作成について,商法施行規則による場合を中心に学習

 

 

・損益計算書の役割・区分・様式

 

・損益計算の意味と,その基準

 

・営業収益を計上する基準と記帳や計算方法

・営業外収益・営業外費用の意味・種類

 

・経常利益・経常損失の意味

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

3

26章 特別利益・特別損失

 

 

27章 損益計算書の作成

 

 

 

 

28章 その他の財務諸表

 

第4編 財務諸表の活用

29章 財務諸表のディスクロージャーと監査

 

30章 財務諸表分析

 

 

 

31章 連結財務諸表

 

 

総合記帳演習T〜V

・特別利益・特別損失の意味・種類

・当期未処分利益の算出方法

 

・損益計算書作成上の原則や注記事項

・損益計算書の作成,商法施行規則による場合

・利益処分計算書・損失処理計算書の作成方法

 

 

・附属明細書の記載内容

 

・企業経営の社会的責任の意味

・監査の意味と種類

 

・財務諸表分析の意味・方法

・関係比率法・実数法による分析の種類と,その計算方法

 

 

・連結財務諸表の意味や目的,連結財務諸表の概略

・親会社と子会社

 

・株式会社の決算と利益処分を行う問題

・1か月分の取引の記帳と決算を行う問題

・財務諸表の作成とそれを分析する問題