「 簿 記 」

単 位 

2  単  位

学科・学年・学

定時制商業科 1・2年次

1 学習の到達目標等

学習目標

企業における取引の記録・計算・整理に関する知識と技術を習得させ、簿記の基本的な仕組みについて理解させるとともに、ビジネスの諸活動を計数的に把握する能力と態度を育てる。

使用教科書

実教出版 新簿記

2 学習計画および評価方法等

 (1)学習計画等

学期

学習内容

学習のねらい

備  考

考査

範囲

  

 

 

 

1 簿記の基礎

(1)簿記の意味・目的

(2)簿記の種類、前提条件

2 資産負債資本とB/

(1)簿記の要素

(2)B/S、純損益の計算

 

3 収益・費用とP/

(1)純損益の発生原因

(2)P/L、純損益の計算

(3)損益計算書

4 取引と勘定

(1)取引・勘定とは

(2)取引の分解

(3)貸借平均の原理

5 仕訳と転記

(1)仕訳とは

(2)仕訳の方法、転記

6 仕訳帳と総勘定元帳

(1)仕訳帳の記入方法

(2)総勘定元帳の記入方法

 簿記の意味・役割を明らかにして、記帳の重要性を理解させる。また、簿記の学習の心構えを養う。

資産・負債・資本の意味を明らかにし、これらの相互関係を理解させる。

純損益を計算する方法(財産法)を理解させる。

     商業科目の基礎・基本的な科目です。

     スクラップブックを作成します。

 

前期中間考査

 収益・費用の意味を明らかにし、純損益の計算する方法(損益法)を理解させる。

 損益計算書の意味・形式などを明らかにし、その作り方に習熟させる。

 簿記上の取引の意味を理解させる。

 勘定・勘定科目・勘定口座などの意味を理解させる。

 貸借平均の原理を理解させる。

仕訳の意味を明らかにし、各種の取引の仕訳に習熟させる。

仕訳を勘定口座に転記する方法を理解

させ、習熟させる。

 仕訳帳の形式・記入法を理解させ、記帳に習熟させる。

7 試算表

(1)試算表の種類作成方法

(2)試算表の貸借が一致しない場合調査方法

8 精算表

(1)精算表の作成方法

(2)精算表のしくみ

9 決算

(1)決算の手続き、本手続

(2)決算の報告

  試算表の役割・種類・それぞれの特徴などを明らかにし、その作り方に習熟させる。試算表の貸借の合計額が一致しない場合の調査法を理解させる。

  精算表の役割を明らかにして、その作り方に習熟させる。 

 

前期期末考査

  決算の意味・必要性・重要性について理解させる。

  決算手続き全体の流れを理解させ、その記帳に習熟させる。

 

 

《課題・提出物など》

1 ファイルブック(授業で練習したプリント(添削済み)をファイリングし、確認テスト、考査に活用する)、ノート

2 夏休みの宿題

【前期の評価方法】

1 中間と期末の定期考査の成績、確認テスト、提出物の内容、学習活動への意欲・態度などで評価します。

2 学期全体の評価は、概ね、中間と期末の定期考査の成績、確認テスト等で60%、提出物10%、学習活動への意欲・態度で30%の配分で行なう。

 

 

後    期

10 現金・預金などの取引

(1)現金・現金過不足

(2)当座預金・当座借越

(3)現金・当座預金出納帳

(4)小口現金・出納帳

11 商品売買の取引

(1)分記法・3分法

(2)仕入帳・売上帳・商品有高帳

12 掛け取引

(1)売掛金勘定と売掛金元帳

(2)買掛金勘定と買掛金元帳

(3)貸し倒れ

13 手形の取引

(1)手形の種類、取引

(2)裏書き譲渡・割引

(3)手形記入帳について

10

  現金・当座預金に関する記帳方法と出納帳の記帳方法について理解させる。

 現金過不足の処理方法を理解させる。

 小口現金のシステムを理解させる。

・現金として扱うものについて学習します。

 

・これまで学習してきた分記法から3分法へ替わります。

後期中間考査

11

 分記法の復習から3分法による商品売買の記帳方法を理解させる。

 仕入帳・売上帳・商品有高帳の役割と記帳方法を明らかにし、その記帳の方法に習熟させる。

12

 掛け取引の意味を明らかにし、売掛金・買掛金勘定の記帳方法を理解させる。また人名勘定の意味を明らかにする。

 手形の種類を明らかにする。

 約手・為手の仕組みと記帳方法を理解させ、各種とりひきの記帳方法について習熟させる。

15 その他の債権・債務

(1)前払金と前受金

(2)未収金と未払金

(3)立替金と預り金

14 有価証券の取引

(1)有価証券

16 固定資産の取引

(1)その種類、取得・売却

17 個人企業の資本と税金

(1)個人企業資本の増加減少

(2)個人企業の税金・所得税 

18 営業費の取引

(1)営業費

19 決算整理(その1)

(1)決算とは

(2)棚卸表

その他の債権・債務の取引についてその記帳方法や違いなどを理解させる。

各種の債権・債務の伊藤に習熟させる。

有価証券の意味と計算の仕方、買い入・売却したときの記帳方法を理解させる。

固定資産の意味と種類を明らかにし、固定資産に関する記帳方法を理解させる。

後期期末考査

 個人企業における資本の元入れ、引き出しなどの記帳方法を理解させる。

 引き出し金勘定を用いた場合の記帳方法を理解させる。

 営業費の気味と記帳方法を理解させる。

 3分法による商品勘定の整理、貸倒の見積もり、減価償却の処理法を理解させ、その記帳に習熟させる。

20 8桁精算表

(1)桁精算表とは、

作成ルール

 

 8桁精算表の意味を明らかにし、その作成に習熟させる。

 

21 帳簿決算と財務用表の作成

(1)帳簿決算とは

(2)財務諸表の作成

(3)帳簿の形式

23 伝票

(1)証憑・伝票

(2)仕訳伝票

(3)3伝票制

 決算整理を含む決算手続き全体の流れを、帳簿記入を通じて学習し、損益計算書と貸借対照表が作れるように習熟させる。

 

 証ひょう・伝票の意味とその役割を明らかにする。

 3伝票を用いた場合の起票や集計方法のルールを理解させ習熟させる。

 

 

 

《課題・提出物など》

1 ファイルブック(授業で練習したプリント(添削済み)をファイリングし、確認テスト、考査に活用する)、ノート

2 冬休みの宿題

【前期の評価方法】

1 中間と期末の定期考査の成績、確認テスト、提出物の内容、学習活動への意欲・態度などで評価します。

2 学期全体の評価は、概ね、中間と期末の定期考査の成績、確認テスト等で60%、提出物10%、学習活動への意欲・態度で30%の配分で行なう。

 

確かな学力を身につける為のアドバイス

       簿記の基礎である複式簿記の原理のほか、基本となるさまざまな取引の記帳方法などを段階的、発展的に学習します。

     簿記の基礎的、基本的な事項については、十分な練習を重ねて理解を深めていきます。また、「簿記」は「総合実践」・「商業技術」などと並んで、最も作業的要素の強い教科なので、つねに「作業による理解、作業による習熟」による学習形態です。

      練習問題のプリントは、復習・テストに役立ちますので、きちんとファイリングすることが重要です。

授業を受けるに当たって守ってほしい事項

     練習問題を数多く解く学習していくので、授業の中でしっかり身に付けましょう。

 

 (2)評価の観点、内容および評価方法

    皆さんの学習状況は、「関心・意欲」、「知識・技能」、「理解・態度」、の3つの観点で評価します。

評価の観点および内容

評価方法

関 心・意 欲

・企業における取引に関心を持ち、取引の意味を正しく把握できているか。

・ 学習活動への参加の仕方

      ファイルブック

     ノート

知 識・技 能

・取引にもとづいて帳簿に記録する知識・技術を習得できてきるか。

     ファイルブック

理 解・態 度      

・取引の記録・計算・整理に関する知識・技術を習得させ、簿記の基本的な仕組みについて理解しているか。

      定期考査

       小テスト