那覇商業高校ロゴ
Google
WWW を検索 このホームページ内を検索
士魂商才

英語検定とは

この検定試験は学習指導要領に沿った内容を盛り込み、毎年正答率の分析を行っています。これは、試験内容を公平で安定したレベルにするためです。また、国際化社会に生きる英語をめざすための工夫として、コミニュケーションに必要な語や文例の出題を心がけています。 英語力が就職に有利なのはいうまでもありませんが、大学進学で国際関連学科などの推薦入学を狙う場合も、検定をぜひ受験していただきたいものです。さらに、国家資格につながる上級の試験を受験するときにも、実力をためすことができます。

検定料

1級・2級 1,300円
3級・4級 1,200円

試験日程

9月第2日曜および12月第3日曜

検定出題範囲

  第3級
  読むことについて・・・150語程度よりややすすんだ文の内容を理解することができる。
  書くことについて・・・ややすすんだ基礎的な語句および文が正しく書ける。
  聞く・話すことについて・・・ややすすんだ文を聞きとったり、言い表したりすることができる。
  3級レベル・・・おおよそ高1、高2

  第2級
  読むことについて・・・200語程度よりなるやや高度の文の内容を理解することができる。
  書くことについて・・・やや高度の語句および文が正しく書ける。
  聞く・話すことについて・・・平易な対話文などを聞いて、大意を理解し、簡単な質問に答えることが
  できる。簡単な会話のやりとりができる。
  2級レベル・・・おおよそ高2、高3

  第1級
  読むことについて・・・ビジネス英語を含む高度の文の内容を理解することができる。
  書くことについて・・・高度の語句およびビジネス英語を含むやや長い文などが正しく書ける。
  聞く・話すことについて・・・やや長い対話文などを聞いて、内容を理解し、質問に答えることが
  できる。会話のやりとりができる。
  1級レベル・・・おおよそ高3