那覇商業高校ロゴ
Google
WWW を検索 このホームページ内を検索
士魂商才

学科行事

3年情報処理科 産業技術教育センター実習

目的:各自の情報分析力や戦略能力、コミュニケーション能力の育成し、課題発見力の向上と情報編集力の
   向上、論理的思考力の向上を図る。

実習内容:ビジネスシミュレーション
     4人*で1社の経営をシミュレーションする。社長・営業部長・総務部長・経理部長の役割を分担し、
     実習を行う。

日時:平成25年7月2日(火),7月3日(水)


生徒の感想:
・今回の模擬体験を通して効率よく仕事をこなすことの難しさを知りました。 会社の利益を上げるために一人ひとりの判断が必要となり、最終的には社長の判断で決まります。 仕事を円滑に行うためには、コミュニケーションが必要であり、一番大切です。 仕事でコミュニケーションを重視する理由がよくわかりました。
・今回は経営のやり方、営業システムはもちろんチームワークや自分で考え、決定、行動に移すことを学ぶことができました。 自分はどこか人任せにする悪い癖があります。 今回の実習で、いかに自分で自ら行動する大切さや自分の意見を主張できる場でどれだけみんなに伝えることができるのかを知ることができた。 今回学んだことをこれから先の学校生活、普段の生活にもいかしていきたいし、この体験を忘れずに自分なりにもっと成長していけたらと思う。




1年情報処理科 産業技術教育センター実習

目的:産業技術教育センターの最新機器や先端技術をとおして,ノンリニア編集による動画の作品制作に関する知識と技術の習得を図る。

実習内容:ビデオ編集ソフトの活用

日時:平成25年11月1日(金),11月5日(月)


生徒の感想:
・今回、動画の編集作業というものを初めて行いました。 最初の時点でわからないことがあったりして、先がおもいやられましたが、 自分達で撮影した映像を短い間で身に付けた技術で編集する作業はとても楽しかったです。 今回の実習は、私にとって、とても良い経験になりました。 将来的にこのような業種を考えていたので、学んだことをもっと応用して、 素敵な動画を作れるようにしたいので、今回学んだことを忘れずに更なる技術を学べるよう、 自ら勉強していく良いきっかけになりました。
・実習をする前は、動画編集に対して自分は難しいイメージしかなかったけれど、 いざ実習をすると自分達で動画を撮ったり、撮った動画に音楽やエフェクト加工をしたりなど楽しいことがたくさんありました。 ペアの瑞穂と協力して、見ていて楽しく「HAPPY」になれるような動画を作ることが出来たので良かったです。 センター実習で学んだ貴重な経験をこれからの事に活かせるように 授業面でも普段の生活面でも一生腱命努力して頑張っていきたいです。



中学生体験入学

体験内容:情報処理科2年生が、体験入学参加者に対しPhotoshopで画像合成・カレンダー作成の授業を行う。

日時:7月11日(木),12日(金)





資格に関する特別授業

KBC学園グループ講師金城先生をお招きして、ICT関連資格の重要性を講義していただきました。



知って得するITトークライブ@那覇商業

主催:那覇市
 講師:那覇市IT創造館 館長 岡田 良 氏
    (株)アザナ代表取締役社長 杉浦 哲郎氏
    (株)ミライト情報システム沖縄主幹技師 中西 利文氏
    (株)ライデリ 常務取締役 米倉 章司氏
    (株)オプト沖縄コーラルオフィス部長 大森 洋介氏

目的:高卒者の就職状況が厳しい昨今、就職を希望する市内高校生に対して、 沖縄県のリーディング産業の1つとして、また、経済状況が厳しい中、 着実に成長を続けているIT産業にはどのような職種があるか、 どのような人材を求めているかなどトークライブ形式で判り易く解説し、進学及び職業観を醸成させるために実施する。

日時:平成25年11月11日(月)




情報処理科2年生 施設見学@JICA沖縄

目的: JICAでは、途上国からの研修員を対象としたIT研修が行われている。 グローバルな視点を養う意味でも、途上国のIT事情 (インフラの整備状況,IT研修で培った技術をどのように自国の発展に活用するのか) について知識を深め、国際理解の必要性についても学ぶ機会とする。

日時:平成25年12月17日(火)


生徒の感想:
・今回、JICAに来て、色んな国の民族衣装を着れて、宗教別の常識とか知る事ができて、本当に良かったです。 途上国の今の現状とか、ICTのすごさ、初めて知りました。とても良い経験になりました。
・セネガルってみんなにやさしい国なんだなと思いました。 ありがとうをいうことが当たり前じゃないし、言われることも当たり前じゃないのも日本と少し考え方が違うけど、 いろいろ考え方があるってわかりました。


情報処理科2年生 施設見学@沖縄科学技術大学院大学(OIST)

目的:沖縄科学技術大学院大学における最先端の設備や国際的に卓越した科学技術に関する教育及び研究を目の当たりにし、 沖縄の自立的発展や世界の科学技術の向上にどのように寄与しているのかを学ぶ機会とする。

日時:平成25年12月17日(火)


生徒の感想:
・初めてOISTを見学しました。想像していたのと違ってました。 OISTを卒業すると博士になれると聞いてかっこいいと思いました。
・世界トップレベルを目指している大学院大学が沖縄にあるだけですごいのに、 沖縄出身の学生がサンゴのゲノム解読に成功したというお話を聞いて、ゲノム解読に成功したのであれば、 沖縄のサンゴを元に戻せることができたらいいのになと思いました。

 大会・資格検定 

平成23年度秋期ITパスポート試験 H23.11.17 (経済産業省)
 13名!! 合格 


県内高校生の合格者数39人 
高校生の合格率(沖縄県)42.9% (全国)34.2% 

平成23年度春期ITパスポート試験 (経済産業省)

 2名!! 合格 

●平成24年6月度ITパスポート試験(経済産業省)  2名!! 合格 

●平成24年7月度ITパスポート試験(経済産業省)  5名!! 合格 

●平成24年8月度ITパスポート試験(経済産業省)  1名!! 合格 


情報処理技術者試験(ITパスボート試験)とは

  「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が情報処理技術者としての
  「知識・技能」の水準がある程度以上であることを認定している国家試験です